シャンプーと生活改善で若ハゲ対策

育毛剤の前に見直すべき事がある

若ハゲを引きおこす男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)ですが、医者にかかったり、ブブカなどの育毛剤に手を出す前に取りうる対策が3つあります。
ここでは大事な要素である、規則正しい生活リズムとストレスケア、ノンシリコンシャンプーなどでのヘアケア方法の重要性について説明したいと思います。

まず改善すべきは生活習慣です

若ハゲの原因は、不規則な睡眠習慣とバランスの摂れていない食生活と言われています。
特に脂分が多い肉食中心の食生活は、頭皮の皮脂バランスを狂わせます。
また運動不足や睡眠不足。飲酒や喫煙も一因です。

生活習慣の乱れは、身体の健康にも影響が出ます。
学生時代や就職して社会人になると今までの生活サイクルが大きく変わります。
それが抜け毛や薄毛の原因の一つになります。

規則正しい生活を取り戻す

中学生や高校生はそれなりに規則正しい生活をしていました。
学校では体育やクラブで適度な運動もし、給食で食事も決まった時間に摂っています。
また、必要最低限の睡眠も摂っているので、生活サイクルがある程度は安定しています。
このリズムが崩れていることが問題なので、まずは適度な運動、食生活の改善、十分な睡眠、運動不足を改善してきましょう。

ストレスを解消しよう

ストレスもまた頭皮環境に大きなダメージを与えます。
ストレスを感じると人はホルモンバランスが崩れると言われています。
ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが異常に分泌されることがあるため、毛が抜けやすくなったり、皮脂の分泌が活発になり薄毛の原因になります。

自分に合わないシャンプーやトリートメント

整髪料やジェルを過剰に使い、洗わないまま寝たり、合成素材の入ったシャンプーやトリートメントなどは頭皮に残りやすく毛穴を詰まらせます。
ノンシリコンシャンプーや低刺激のアミノ酸シャンプーを使い、十分なすすぎをすることが大事です。
ただしいくらノンシリコンシャンプーの効果があって、無添加のトリートメントを使っていても、間違った洗い方をしてしまうと、シャンプーやトリートメントのカスが頭皮に残り、毛穴のつまりの原因になります。
シャンプーが頭皮に残らないようにすることと、マッサージをきちんと行うことで、頭皮環境を改善して下さい。
これにより、ブブカなどの育毛剤の効果もきちんと発揮されることとなります。